『聖戦ヴァンデ』
(藤本ひとみ)
【第一部】
バスティーユを陥落させたことは、取るに足りない。
王座を打倒すべきである
(バスティーユからの凱旋で撒かれたビラ)
頼まれたわけではありません。僕の意志です
(マルク・アントワーヌ・ジュリアン ・・・アンリにビラを咎められて)
貴族として私は、王政を死守する。
なぜなら貴族とは、国王と王国を支えるべく生まれ、
その義務を持つ階級だからだ。
王座を守護しない貴族は、自己の存在意義を放棄する者だ。
私は義務を守り、貴族として生きる。もし時代がそれを許さず、王国が失われ、
国王の存在が否定されるならば、貴族だけが生き延びて何になる。
共に滅亡するのみだ
(アンリ・デュ・ヴェルジェ・ドゥ・ラ・ロシュジャクラン陸軍少尉 ・・・グレーヴ広場にて決意を語る)
よく覚えておけ。あれは、遠くまでいく男だからな
(オレノ・ガブリエル・ミケッティ=ミラボー伯爵 ・・・ロベスピエールを評して)
立憲派には、ふさわしくない言葉だ。趣味と仕事は分けておけ
(ミラボー伯爵 ・・・ビラの文句に感銘を受けるラ・マルク伯爵を嗜めて)
今、パリで最も過激な意見を、君に贈る
(ミラボー伯爵 ・・・ロベスピエールにビラを贈って)
あいつ
滅ぶべき種族、消滅させるべき階級。僕が必ずそうする。
必ずだ、してみせる
(ジュリアン ・・・傲岸不遜なアンリに敵意を燃やして)
私の傷を、あなたは負った。あなたが次に受ける傷は、私が負います
(ニコラ・ラザール・オッシュ伍長 ・・・自分をかばったアンリに対して)
いざという時にかばってもらうためには、側に置く必要があるだろう
(アンリ ・・・ニコラを国王親衛騎兵隊に抜擢した理由を聞かれ)
私の鞘と、二つの首ではどちらが重いか、答えは決まっている。
災難と思ってあきらめよう。
(アンリ ・・・訓練で鞘を砕かれるも、下士官達を慮って)
どうか連れて行ってほしい。
君を頼りにしている僕らを、見捨てないでくれ
(ジャコブ=国王親衛騎兵隊の平民兵 ・・・ニコラを頼って)
やはり、貴賤の別存在するということだろう。
君は、貴族ではないからな
(アンリ ・・・本心を押し隠し、副官・ニコラとの訣別)
私が時刻を守らなかった原因を、少尉は、私の身分に求められるわけですか
(ニコラ ・・・突然の罷免通告に納得いかず)
もしお二人がいつか、国王軍と革命軍に分かれて対峙なさるような時が
参りましても、どうぞ剣を交えることだけはお避けになりますよう
(アンリの執事 ・・・ニコラに餞別の小剣を手渡し、ニコラから鞘を受け取って)
今後フランスがどう変わり、私の運命がどのようにめぐろうとも、生きている限りあなたを忘れない。鞘のないこの剣を見るたびに考える。願わくば、あなたも剣のない鞘を見て、私に思いをはせてくださるように。
そしていつか再び出会い、私の剣をあなたの鞘に収めて今日の礼を言うことが出来るように。夜ごとに祈ります
(ニコラ ・・・アンリとの再会を期して)
後の仕事は、君に任せた
(速記記者ユリー ・・・逮捕され、後事をジュリアンに託して)
人間は多くを得、多くを失う。最後に残るのは君自身だけだ。それだけが真の君のものだからだ。君のものでないものは、君をすり抜けていくだろう。仕方のないことだ。本当に君自身のものだけが、失われることもなく、奪い取られることもない。君が失ったという二人が君に残したもの、君の心の中に生き、実っているものこそが君のものだ
(マクシミリアン・マリ・イジドール・ロベスピエール ・・・傷心のジュリアンを慰めて)
どれほどの苦難を負っても、人民と真理のためにつくしたい。そのために妥協のない道を進み、生命さえも犠牲にして厭わない。アラスの選挙で選ばれ、このヴェルサイユに旅立つときに、そう誓った
(ロベスピエール ・・・その理想はルソーと共に)
僕も あなたのように生きたい
(ジュリアン ・・・ロベスピエールへの傾倒)
鞘だけあって、どうする。融通の利かない奴だ。一緒に持って行けばいいものを
(アンリ ・・・訣別したニコラを気遣いながら)
ありがとうございます。 大切な友人からのものです
(ロベスピエール ・・・檄文ビラへの手がかりを得て)
彼は、確かに優れた革命家かも知れない。だが難しい人物だ。
理想肌で禁欲的、神経質で厳格、人間としての幅が狭く独善的と言われている
(マルク・アントワーヌ=ジュリアンの父 ・・・ロベスピエールを評して)
早く行け。君の名を再び、この耳にする日を楽しみにしているぞ
(デルヴィリー侯爵 ・・・乱戦のチュイルリーからアンリを逃がす)
いつか必ず、我が名を人の口に上らせてご覧に入れます。お誓い申し上げます
(アンリ ・・・侯爵の捨て身の行為に再起を誓って)
合法の革命など、ありえない。革命はこれからも血を求めるだろう。だがいくたび血が流れようとも、その原因が厳粛であり、その結果が高邁ならば、後世はそれを評価するだろう
(ロベスピエール ・・・1792国民公会、ジロンド派に反駁して)
ロベスピエールの異名を知っているか。清廉の士だ。二つの住処を持つ人間からの手紙は、喜ばないだろうし読みもしないだろう
(ル・バ ・・・1ジロンドに擁立されたジュリアンに対して)
inserted by FC2 system